消費者金融の審査に通るためには、まず審査の基準を知らなければなりません。たいていの消費者金融では同じような審査基準を設けています。その審査基準はおおむね下記のようになります。 1.継続して安定した収入があること2.過去に返済事故を起こした履歴がないこと3.借入れ限度額が年収の1/3以下であること この3点になります。この他に、収入証明が不要になる場合がありますが、それは後程説明しましょう。 

なぜ消費者金融の審査では嘘をついた方が不利になるのか?

消費者金融の審査では、年収などを偽るとかえって心証を悪くしてしまい、審査に通ることができなくなってしまいますので、嘘をつくことは避けてください。 消費者金融のカードローンは、無担保・無保証人でお金を貸し出すことになりますので、借主の収入面と信用面が審査のポイントとなってきます。 ですから、収入を偽ること=信用面に問題があるとみなされ、審査に落ちてしまうのです。勤務先や、過去の自己履歴についても同じことです。消費者金融が調べればすぐに事実はわかってしまいますので、嘘をついてもすぐにばれてしまいます。そして、嘘をついたことが審査で不利にはたらくのですから、必ず事実をありのままに話した方が良いのです。 

あなたが消費者金融の審査に通るための3つの基準!

繰り返しになりますが、消費者金融が審査する項目は下記の3点です。審査に通るためには、この基準を満たしている必要があります。そんなに難しいことではありません。 1.継続して安定した収入があること2.過去に返済事故を起こした履歴がないこと3.借入れ限度額が年収の1/3以下であること この基準を満たしていることが、審査に通る秘訣なのです。 

1.継続して安定した収入がある

最初の審査項目は、借主に返済能力があるかということを確認するものです。つまり収入を確認されるのです。ただし、収入の多い少ないはあまり関係ありません。毎月決まった額以上の収入があり、収入が安定していれば問題ありません。 収入の確認には、収入が証明できるもの、例えば源泉徴収票や納税証明書、給与明細が必要になります。 また、勤務先についても確認されます。これは借主が安定した雇用状態にあるかどうかを見られるわけです。これは在籍確認といって、届け出た会社に借主が勤務していることを確認するものです。ほんの1~2分もあれば終わってしまう簡単なものです。 ここまで説明したことでお分かりいただけたかと思いますが、収入も、勤務先も嘘偽りがないことが確認されるのです。ですから、収入や勤務先を偽ってもすぐにばれてしまうのです。 それどころか、嘘をついたことで、この人は信用できないと判断されて審査に落ちてしまう危険性を高めてしまうのです。ですから、絶対に嘘をつくのはやめてください。 

2.過去に返済事故を起こした履歴がない

次に、過去の返済事故履歴が確認されます。これは借主の信用面を評価するものです。こちらについては何も書類などは必要ありません。貸主側が、指定信用情報機関に照会するだけで済みます。 ここで返済事故について説明しておきます。返済事故とは下記の内容になります。1.過去に支払いを長期にわたって滞納を繰り返した2.過去に代位弁済を行った3.債務整理や自己破産などを行った4.過去にクレジットカードなどで強制解約されたこの4つに該当しなければ、返済事故の履歴がないということになります。 ここでも嘘をついてはいけません。この段階では信用面を審査されると説明した通り、自己履歴は調べればすぐにわかってしまいますので、嘘をつくと信用面で不利な条件を自ら作ってしまうことになるからです。 

3.借入れ限度額が年収の1/3以下である

消費者金融では、総量規制という法律が適用されますので、借入限度額は年収の1/3以下に制限されます。つまり年収が300万円であれば、借りられる金額は100万円までになるということです。この基準を超えた限度額を申請すると審査に落ちてしまうことになります。 審査の最初の段階で年収を確認しているわけですから、借主が申告した限度額が年収の1/3以下かどうかはすぐにわかります。この点については、自分でも簡単に確認できることですので、必ず適切な限度額で申請してください。 なお、この限度額の制限が適用されない場合があります。それは限度額が50万円以下の場合です。この場合には、総量規制の適用範囲外になり、収入証明が不要になりますので、たとえ年収が50万円以下であったとしても、最大50万円は借りられるということです。 借入限度額は、後々増額することができますので、急いでお金を借りたい場合には、限度額を50万円以下にすることをお薦めします。  

大手の消費者金融ほど審査基準が明確だから安心!

これまで説明してきた審査基準ですが、これを厳密に守っているのは大手の消費者金融です。また中小の消費者金融でも、まっとうな商売をしているのであれば、同様です。逆に、この基準を満たしていなくても審査に通ってしまうということは、悪質な業者の場合が多いです。特に年収の1/3以上を貸し出してくれる業者には注意が必要です。審査基準を甘くすることに対する交換条件として、とても高い金利で貸し出す場合が多いです。一般的に、審査が明確=優良な業者という図式が成り立ちますので、審査に通るかどうか心配な場合でも、まずは優良な業者に申し込む方が良いです。 大手の金融業者が事業を続けていられるということは、口コミなどの評判が良く、新規顧客やリピーターが多いということですから、それだけ安心できます。つまり、人気の高い業者=優良な業者=審査基準が明確となります。審査基準が明確かどうかは、その業者のホームページを見れば一目瞭然ですので、審査を受ける前に、一度ホームページで業者を比較しておくことをお薦めします。 また、大手の消費者金融は、銀行と提携しているケースが多いです。そういった意味でも、不法な取り立てを受ける心配はないですので、できるだけ大手の、銀行と提携している業者を選ぶことをお薦めします。 

プロミスなら最大30日間無利息キャッシングができて便利!

それでは、具体的にどういった消費者金融を選べば良いのでしょうか? お薦めするのはプロミスです。お薦めする理由は2つあります。まず第一に、おそらく皆さんがご存知の大手の業者であることが挙げられます。次に2番目の理由ですが、プロミスの正式名称はSMBCコンシュマーファイナンスといい、三井住友銀行のグループ会社なのです。銀行系の業者であり、大手で人気があるということから、お薦めするのです。 また、プロミスには、始めてご利用される場合の特典があります。それは審査完了後30日間無利息でお金を借りられるという内容になります。 安心な上に、お得なサービスがついているのです。今すぐお金を借りたいという方は、プロミスのホームページで、どんな業者なのかを確認してみてください。 プロミスのホームページはこちらです。