産後ダイエットの体験談

私は妊娠中8キロ増え、出産後は妊娠前よりプラス3キロ、産後一年で妊娠時の体重に戻りました。

赤ちゃんが3800g強で生まれ、妊娠中8キロ程度の増だったので、多分そんなに体重が増えなかった方なんだと思います。

初乳は与えられたものの、乳首の吸い付きがうまくいかず、すぐミルクに切り替えました。

母乳だと、幾ら食べても太らない、と聞いていましたが、自分はそうではないという事を常に自覚するようにしていました。

「母乳じゃないから食べたら全部自分の肉になる!」と言い聞かせました。

体重が戻った大きな要因としては、骨盤矯正ベルトの「トコちゃんベルト」を産前産後に使い続けていた事も良かったのだと思います。

うちの産婦人科の助産師さんたちに口すっぱく言われたのは、出産で骨盤が開くと太りやすくなるし、それを戻すには大変だから、とにかく予防の為に骨盤ベルトを付けなさいということで、付け方もレクチャーしてくれました。

出産直後も分娩台で、骨盤を締める為に長くて薄いタオルのような布で骨盤を締めて結んでくれました。

自分の母親が一人産むごとに5キロ増えていったと聞いていたので、そうならないようにしたいと思い、面倒だったり、夏は暑かったけれど、ベルトを付け続けました。

ベルトをつける事で自分の腰回りの肉付きも意識できたので、視覚的な面でも役に立ちました。

一年かけて少しずつ少しずつ元に戻りました。

最初の半年で特に減った気がします。

ベルト以外は特に何をしたという事はなかったです。

子供が離乳食になった時に、料理が面倒で、自分の食事は一緒に似たようなものを食べて済ませていたのも、結果的にダイエットに良かったと思います。

産後のダイエットは、産前からの積み重ねだと思います。

当然ですが、妊娠中に太りすぎない事も大事かもしれません。

私の場合はこんな感じでダイエットに成功しました。

産後ダイエット 成功では様々な体験談も載っています。

なかなか痩せない人や初産の人は参考にしてみてください。

 

綺麗なお水で、健康に!

認知症になりやすい一番の原因って知ってますか?

答えは、1日に取る水分が少ないこと

だそうです。

お水を飲む習慣って、本当に大事なんです。

しかも!

お茶とか、牛乳、ジュースとかの飲み物じゃないんです。

お水(もちろん、白湯でもいいんですよ。)

が体には必要なんです。

 

でも、お水の飲む習慣がないんです・・・

 

っていう方は、

ぜひ、お家にウォーターサーバーを置いてください。

そうすると、自然とお水を飲むようになります。

 

でも、ウォーターサーバーって、ボトルの注文・交換がめんどいじゃないですか・・・

 

というあなた。

 

これからの時代は、楽なウォーターサーバーを選びましょう!

ボトル式のウォーターサーバーのように、重いボトルを交換しなくちゃいけないし、ボトルのストックの置き場にも困っちゃう。そして、ボトルの注文の連絡をするのを忘れてしまったりするのは、とっても面倒。

でも!!

水道直結のウォーターサーバーがあるのをご存知ですか?
ウォータースタンドという水道直結型の、次世代型のウォーターサーバーです。

水道と、ウォーターサーバーを、チューブでつないで、水道から直接お水を送り、綺麗に浄水されたお水が、冷え冷え、アツアツで飲めちゃうという優れもの!

水道直結だから、もちろんお水も使い放題!どれだけ使っても、ウォーターサーバーのレンタル代とお水代だけ!

レンタル代は3980円〜で、とってもお得。
そして、電気代も、1ヶ月150円。

アツアツのお湯も出るから、お茶を飲むときやインスタントラーメンを食べるときに、いちいちヤカンでお湯を沸かさなくてもいいから、時間もガス代も節約できちゃう。

でも、水道に直接ウォーターサーバーを接続するんでしょ?
面倒な工事になりそう・・・。

という心配もわかります。しかし、ウォータースタンドは、作業担当者が来て、ちゃんと「水道の場所」「ウォータースタンドの置き場」をチェックして、接続可能か確認、そして、1時間くらいかけて、丁寧に接続をしてくれます。

水道から、ウォータースタンドの間に家具があったりしたら、きちんと家具を動かして、後ろにチューブが通るように設置してくれます。

そして、ウォーターサーバーだから、やっぱりカートリッジの交換とか、メンテナンスとかも気になりますよね。

ウォータースタンドは、1年に2回、担当者がカートリッジの交換に来て、内部の清掃もきちんと対応してくれます。

これが、次世代型のとっても楽チンな、

ウォータースタンド!

ボトル式のウォーターサーバーが、ちょっと面倒だなって思っている方は、ぜひ水道直結のウォーターサーバーの、ウォータースタンドをチェックしてみてください。