指毛も剃ったら濃くなる?徐々に毛を薄くする方法は?

指先はなめらかな見た目をしている方がきれいですが、第二関節から手の甲にかけて毛が生えています。近くで見てみるとわかってしまう上に、人によっては遠くからでも確かな存在感をアピールしてしまう場合もあります。

そんな指毛は見た目に関しては完全に無駄でしかないので、処理してしまった方が良いでしょう。 指毛の処理方法として定番なのは剃ってしまうことで、脇やすねのようにそこまでは太くはないため、眉毛用などでも対応できるかもしれません。

その毛の処理をする際に気になるのは、太くなってしまわないかということです。

現代ではそれはもはや迷信のような扱いになっている話で、毛の生える仕組みに剃ると太くなるというメカニズムはありません。

ただ毛は根元から先端に向かって細くなっていく形をしているため、剃るとその根元の切り口部分だけが目立つようになります。自然な状態だとグラデーションのようになっていたものが、何もない肌に点を描く形で目立つ可能性はあります。

その他の処理としては直接毛を抜くという方法もあり、上手に処理できれば根元から毛がない状態にできます。しかし薄いからわかりにくいですが、指1本当たり生えている毛だけでも非常に多いです。

そして抜く際にはもちろん痛いですが、浅い部分でしっかりと根付いている分、他の部位よりも痛みが大きい可能性さえあります。その痛みを指10本分耐えなければなりません。さらに抜いた後には毛穴が目立ってしまう恐れがあるため、カミソリよりもおすすめできない選択肢です。

よほど痛みに強い人でなければ、継続するのがまず難しいでしょう。 もし指へのダメージを少なく毛を処理したいのであれば、医療機関やサロンを利用するのが無難です。永久脱毛は医療機関で高いお金を支払わなければなりませんが、薄くする程度であればサロンでも可能です。1回当たりの料金が5000円を下回るところもあるので、自分の希望に合わせて選択すると良いでしょう。スルル口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です