どうして高齢になると血圧が高くなるのか?

よほどの方でもない限り高血圧と【費s難段されるのは主に中高年でる。
あまり若い方に高血圧の方は少なく、年代別の比率は低いものである。
では、、だなぜ高齢になるほど高血圧の方が多いのでしょうか?

■血管は長年酷使され続けてきた

高血圧と正常な血圧の境目である130mmHg
これは水銀を130ミリ押し上げる力である。
それがどれほど大きな力であることかはなかなか実感できないでしょう。。
水銀の比重は水の約14倍弱あります。
ですので水銀を水に置き換えると130×13.6=1768ミリ
つまり水を自分の身長の高さくらいまで(あるいは自分の身長以上にまで)押し上げる力が130mmHgという血圧なのです。
それくらい大きな力で押し広げられ、かつそれに負けずに押し返しているのが血管なのです。

ドクドクと動いているおは心臓だけではないのです。
血管も同じようにどれだけか国に酷使され続けてきたかお分かりになられたでしょうか・

■血圧が高いと何が悪い?
心臓の鼓動は1か月で300万回
1年間で3600万回になります。
血管の収縮運動も同じように行われています。
いくら健康な血管であっても60年も生きていれば倉びれてくるのは仕方ありません。
若いうちは弾力があってしなやかな血管であっても、徐々に老化が忍び寄ってきて硬くなり弾力も亡くなり動きも悪くなってきます。
それは自然な老化現象であって避けることが出来ないのです。

健康で正常な血管でも老化が進んできて硬くなると血圧は上がります。
血圧180mmHgという場合は、水を2メートル45センチも噴き上げているのと同じ力です。
これほどの力が血管にかかってくればますます血管の老化は早くなってきます。
っさらに悪いことに血圧が高いと血管の内壁が痛みやすくなり、動脈硬化が発生します。
動脈硬化は血管の病的老化を進行させる一番の原因です。
するといつかどこかで破裂したりすることも出てくるのです。

正常な血圧は
上が120mmHg
下が80mmHgとされています。
ですので上の血圧は130mmHgいかに保つ努力をしなければいけません。
チャットレディ 稼ぐコツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です