必要以上に炭水化物を摂るとどうなる?

空腹感は辛いですよね。
まるで何もすることが出来ない
気力もわかない
人間なら誰しも空腹には勝てません。
そんな空腹で力の出ない時にはやっぱり白ご飯やパンをがっつきたいものです。
しかし、ご飯もパンも炭水化物なんですがこれがあまり身体にはよくないのです。

■ 過剰な糖分は血液中に取り残される

炭水化物は消化されて糖になり、糖はエネルギーの源になります。
例えば500kcal必要な人が600kcalの食事をすると余分な100kcalはどこにいくおでしょうか?
普通の健康な人は、その余分の100kcal分の糖を次の何かの非常時に備えるために身体に蓄えようとします。
今の時代はそんな非常事態なんてありません。
太古の昔は次の食事にいつありつけるか?わからなかったのですが、現代では3食必ず食べれます。
その余分な糖は糖代謝といわれる働きにより、血液中に増えた糖分を察知して膵臓からインスリンを分泌してそのインスリンが糖を筋肉などに格納して蓄えていくのです。
ところが、その働きには限界がありあmす。
炭水化物の大量摂取でとりすぎた場合、その余分な大量の糖が血液中に流れ出ます。
それはもう筋肉などに蓄える限界量を超えたものになってしまいます。
そんな蓄える限界量を超えて糖は血液中に流れ続けます。
これがいわゆる高血糖状態です。
そんな高血糖状態でも時間が経てば徐々に血糖値は下がっていくのですが、最悪なのはその血糖値が下がり切らないうちに、炭水化物など次の食事でさらに糖を摂取することです。
こんな常に血液中の糖を処理する限界値を常時超えた状態でいることが慢性的高血糖になってしまいます。
カナダグース クリーニング 失敗

■ 人間は古代からの飢餓に備えた体になっているのです
人間が飽食の時代になったのはつい最近のことなのです。
古代から人間の最大の非常事態は飢餓にいかに備えるか?
それが生き残るための本能なのです。
だから摂りすぎた炭水化物の糖を体外に出さず体の中に蓄えよう蓄えようとしてしまうのです。
これがはるか古代の昔の人間にはなかった肥満や糖尿病など制圧習慣病となり、ましてこれらが現代病といわれているゆえんかもしれません。

お腹を凹ますには朝のプレーンヨーグルトがいいらしい

ポコッと出たお腹にお悩みの方も少なくないはず
そこで聞いた話だが
毎朝 プレーンヨーグルトを食べる
といいらしい。
1回に食べる量の目安は100G程度

【ポッコリお腹の原因は便秘?】
お腹、特に下っ腹がポッコリと出てくるのは、たいていは腸の働きがよくない
つまり便秘が原因のようです。
ズバリ言えばウンチがうまく出せていないから下っ端ラファポッコリと出るということらしいです。

【ウンチは食べかすじゃない】
ウンチはのほとんどの成分は食べかすではなく水分です。
腸に便が残っているとウンチの水分が超に吸収されてしまい、必然的にカチカチのうんちになってしまいます。
すると悪循環でますます便が出にくくなり、下腹がポッコリということになるのです。

【善玉菌と悪玉菌】
後おzンb時の通り長にお腹には
・善玉菌
・悪玉菌
が混在しています。
善玉菌の代表が乳酸菌やビフィズス菌です。
善玉菌が増えれば増えるほど排泄がスムーズになり、お腹もスッキリするわけです。

【プレーンヨーグルトが良い理由】
ヨーグルトが良い
おsれはみなさんご存知ですが
なぜプレーンヨーグルトが良いのか?
それはあらゆるヨーグルトの中でプレーンヨーグルトが一番善玉菌を豊富に含んでいるからです。
たとえばフルーツヨーグルトであれば同じ100グラムであってもフルーツの重さが加わります。
フルーツが加わる分、ヨーグルトが減りおのずから善玉菌の量も減るのです。
さらに加えるフルーツの加工によりビタミン類やポリフェノール類が壊れてしまうため、本来の栄養も失われています。

【プレーンヨーグルト100グラムの理由】

プレーンヨーグルトを食べる量がなぜ100グラムがよいのか?
それは他の食事への負担が少なく、なおかつ善玉菌の効果が得られる最適な量とされているからですy。
というのも1人前100グラムの善玉菌の効果が実証された商品がたくさんあるからです。
カップ入りのヨーグルトはたいてい100グラムの商品が多いのでおすすめです。
クリアネオ すそわきが

睡眠中は血管もリラックスするくらい大事な快適な睡眠

生活のリズムを整えるのに規則正しい睡眠が欠かせないことは皆さんもご存知のはずです。
そして睡眠はただ時間の長さだけではなく、その睡眠の質もとても重要です。

自律神経は交感神経と副交感神経で構成されています。
交感神経は日中のアクティブに動き回る時に優勢になり、副交感神経は身体を休める時に優勢になります。
その気鋭替えがとても重要なキーポイントになるのです。

睡眠中にしっかりと副交感神経が交感神経を抑えることで十分なリラックスができ身体や精神の疲れをいやすのです。
睡眠中は副交感神経が血圧を下げようとします。
さらに横になることで体内の血液が心臓の位置との高低差がなくなり血管の負担が少なくあります。
つまり睡眠中は血管もリラックスできるのです。

この快適な睡眠中は成長ホルモンも分泌されます。まさに「寝る子は育つ」は科学的根拠もあるようですね。
この成長ホルモンは子供だけではなく大人にとっても重要なんです。
成長ホルモンは細胞の新陳代謝を促して体内のさまざまなダメージを修復するものだからです。
血管の若返りという意味でもこの成長ホルモンが大事なんです。

■副交感神経を優勢にする睡眠前の軽いストレッチ
睡眠の質が悪いとこの成長ホルモンもうまく分泌されません。
そこで、すっと快適な眠りにつくのにはどうしたらいいbのでしょうか。

それには
・毎日同じ時間威ベッドに入る
ことが大事です。
また、なかなかすぐに寝付けないという人には
・就寝前のコッピ1杯の牛乳
も良いようです。
また
・軽いストレッチ
・アロマ
・静かな音楽
が良いという人もいます。
いろいろなことためしてみて自分に合う方法を探してみましょう。

■枕やベッドにもこだわろう
朝起きて
「なんとなくつかれがとれていない」
という方は枕やベッドにもこだわってみましょう。
高い枕は肩こりや首の痛みの原因にもなります。

たとえば一度枕なしで寝てみるのもよいかもしれません。
それで肩こりや首の傷みがないのであれば枕が原因の可能性が高いです。
また柔らかすぎるベッドがかえって腰痛の原因のこともあります。
おすすめは少しだけ固めのマットレスです。
必ずしも高価な枕やベッドが良いとは限りません。
価格にこだわらず、自分に合ったものを探していきましょう。

よもぎ蒸し 効果的な座り方

血糖値対策には「うどん?」「ステーキ?」どっちを選ぶ?

健康診断でよく引っかかるのは
「血糖値が高いのでb食事には気を付けてください!」
ですよね。
でも、普通のサラリーマンは外食が多いのが当たり前ですからなかなか難しいのが現実です。

そこで、お昼は
・ステーキランチ?
・立ち食いうどん?
ならどっちがいいと思いますか?

ステーキや焼き肉と言えば脂肪も億含まれていますから身体には悪いイメージがありますよね。
でもあながちそうだとは言いきけれない部分もあるのです。
肉はタンパク質で炭水化物はありません。
ですから、ご飯は辞めてステーキとサラダだけを食べるのならば血糖値は上がりません。
ただ、ステーキランチを食べに行って「ご飯抜きで!」とオーダーするのはかなりの精神力が必要ですが、これも血糖値を下げる為です。
まずは鉄の意志で「ライス抜き」を頑張りましょう。

では「うどん」はいかがでしょうか?
うどんのGI値は80とかなり高い食べ物です。
しかもうどんは製造過程で塩という塩分も高い食品でもあります。
さらに、うどんのおつゆも塩分たっぷりなんです。
ですから結論的には「うどんより」「ステーキ」ということになります。

■ポテトサラダはサラダじゃない

「よ~し、今日からうどんよりステーキとさらだにするぞぉ!」
そんなあなたに警告です。
ポテトサラダはサラダじゃありません。

野菜類にも注意しなければならないものがたくさんあります。
それはでんぷんを多く含む野菜です。
その代表が「じゃがいも」です。
ポテトサラダには野菜サラダというよりもぽいぇとのジャガイモがたっぷりです。
その他にも人参、レンコン、かぼちゃなどはでんぷん質がたくさん含まれているので気を付けてくださいね。
またとろみのあるスープや煮物にも気をつけましょう。
あのとろみの元は片栗粉なんです。
片栗粉はお芋さんのでんぷんで知らず知らずのうちに血糖値が上がります。
股」区なものも要注意です。
旬の桃・ブドウ・なし・すいかなど甘くておいしいのですがこの甘さの紛れもなく糖分なんです、
ですから適量に抑えなければなりません。

ただ糖分は身体にとって貴重なエネルギー源です。
朝からスターッとダッシュで活発に動くために朝食に果物は元気が出るので上手にコントロールしましょう。
キトー君 バレたくない