年別: 2017年

消費者金融を利用するメリットについて

皆さんがお金を借りたいとき、どこで融資を受けようと思いますか?多くの人は、銀行か消費者金融を利用しようと考えるでしょう。では、どちらを利用するのが良いのでしょうか?私は、消費者金融をオススメします。なぜなら消費者金融には大きなメリットがあるからです。今回は、そのメリットについて2点紹介します。1点目は、消費者金融の方が審査が緩いという点です。審査通過率で比べると、銀行は審査通過率が30%程度なのに対し、消費者金融は、50%程度と高いです。これは大きな違いです。急にお金が必要になった際に、審査に時間を取られたあげく不合格になってしまったらその損失は計り知れません。2点目は、消費者金融によっては、銀行より金利が低くなる場合があるという点です。例えば、アコムなら簡単な条件を満たせば、契約日から30日間無利息になります。このサービスを利用することで、5か月程度は、銀行で融資を受ける場合より低金利で借り入れることができるのです。もちろんアコム以外の消費者金融でも似たようなサービスをおこなっているので、そこはそれぞれに合ったサービスを利用すると良いでしょう。このように、消費者金融を利用する方がメリットが大きいので、私は消費者金融の利用をオススメします。

消費者金融は何を基準で審査を進めているのか?

消費者金融の審査は、一定の基準があります。しかし、各社とも審査基準の中身を公表していませんが、だいたい各社とも審査しているところは一緒です。消費者金融の審査基準の芯は、お金を貸したらちゃんと返してもらえるのかになります。そのために信用情報などを駆使して消費者金融は利用者の審査をします。審査で重要視されるのは、年収や雇用形態、居住形態・居住年数などが挙げられます。その中でも年収は審査基準で最も重要とされています。意外と大事なのは、居住年数です。すぐ引っ越しする人より長く同じ場所に住んでいる人の方が、信用度が高くなります。短くても1年以上は居住年数がないと信用度は低くなり、審査で落ちてしまう可能性があります。消費者金融の必ずチェックを入れるのは、信用情報です。最初に言っていた消費者金融の芯にあるのは、この人はきちんと返してもらえるかなので、延滞や滞納が1回程度ならあまり審査には響きませんが、3ヶ月以上の延滞や滞納があったりすると、この人は返済能力はないと判断されてしまい審査に落ちてしまいますし、過去5年間に金融事故情報を起こしている人は、審査に通ることはありません。数打ちゃ当たるじゃないですが、ここの消費者金融は落ちたのに、こっちの消費者金融は受かったということはよくあるので、借りる時は色々な消費者金融に審査を申し込みをしましょう。

消費者金融を利用して学んだこと

私は大学生の時に学費や生活費が底をついてきて金欠になりどうしようもならない時に消費者金融を利用しました。もともとお金を借りることに抵抗していたのですが、学費や生活費が足りないため借りるしか手段はありませんでした。実際にお金を借りてみて学費や生活費は賄えることが出来たのですが、そこからが落とし穴でした。自分のお金と勘違いをしてしまいお金をどんどん借りることになり、気がつけば50万円もの借金を作ってしまっていました。これは消費者金融を利用した人によくあるパターンで消費者金融のお金を自分のものと勘違いする錯覚に陥るというやってはいけないことです。私はそのパターンにはまりとうとう借金を返していくことにも出来なくなりそうになりました。なんとかバイトを3つ掛け持ちをやり体に負担を掛けながらも借りていた借金を全て返しました。その時に学んだことは消費者金融を利用する際は自分の身の丈にあう借り方をしないといけないと思いました。しっかりと利息と返すお金の計算ができる人でしか消費者金融は利用してはならないと思いますし、すぐお金を借りれるということ自体が自分をダメにしてしまう一番の悪いところだと思います。2度と借りてはならないものだと勉強しました。

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !