消費者金融の審査は、一定の基準があります。しかし、各社とも審査基準の中身を公表していませんが、だいたい各社とも審査しているところは一緒です。消費者金融の審査基準の芯は、お金を貸したらちゃんと返してもらえるのかになります。そのために信用情報などを駆使して消費者金融は利用者の審査をします。審査で重要視されるのは、年収や雇用形態、居住形態・居住年数などが挙げられます。その中でも年収は審査基準で最も重要とされています。意外と大事なのは、居住年数です。すぐ引っ越しする人より長く同じ場所に住んでいる人の方が、信用度が高くなります。短くても1年以上は居住年数がないと信用度は低くなり、審査で落ちてしまう可能性があります。消費者金融の必ずチェックを入れるのは、信用情報です。最初に言っていた消費者金融の芯にあるのは、この人はきちんと返してもらえるかなので、延滞や滞納が1回程度ならあまり審査には響きませんが、3ヶ月以上の延滞や滞納があったりすると、この人は返済能力はないと判断されてしまい審査に落ちてしまいますし、過去5年間に金融事故情報を起こしている人は、審査に通ることはありません。数打ちゃ当たるじゃないですが、ここの消費者金融は落ちたのに、こっちの消費者金融は受かったということはよくあるので、借りる時は色々な消費者金融に審査を申し込みをしましょう。