こんなに詰め込むとは……

はい。とても寒くなってきましたが、それ以上に乾燥してきましたね。

お肌がかぴかぴです。

こんな時には、普段からやっているスキンケアでもより力を入れたいところです。

そこで、FACEEから出ているリキッドセラムプラスをご紹介しておきたいなと思います。

このリキッドセラムプラス……なんと『ヒト幹細胞』『卵殻膜エキス』『プロテオグリカン』『EGF』が配合されています。

どれも美容液の成分として昨今に人気の成分で、売りの成分になりうるものばかりですが、リキッドセラムプラスには全部入っています。

Ⅲ型コラーゲン対策でシスチンを多く含む卵殻膜が、線維芽細胞対策でヒト幹細胞(STeM水)が、お肌のターンオーバー改善でEGFが、そして保水でプロテオグリカンが……と、これでもかと高級美容成分が配合されています。

これはなかなかすごいでしょう。

そして、このリキッドセラムプラスは美容成分だけがすごいわけではありません。

これらの美容成分……特に卵殻膜エキスは美容成分としての能力は疑いようがないのですが、浸透力に難を抱えています。

どんな効果的な成分も適切な場所まで送り届けられなくては意味がありません。

お肌の表面で乾いて終わりでは高級美容成分を使う意味がないでしょう。

そこでリキッドセラムプラスは、この『浸透力』にも注力しています。

さきほどヒト幹細胞(STeM水)と書きましたが、このSTeM水は非常に浸透力が強いという特徴も持ち合わせています。

なので、美容液の基幹成分である『水』をこの『STeM水』に置き換えることによって、より高い浸透力も実現したというのがリキッドセラムプラスの無視できない大きな特徴になります。

ここまででももう十分すぎるほどに詰め込まれたスキンケアアイテムなのですが、リキッドセラムプラスはこれに加えて『菌活効果』も見込めるとのことです。

菌活というのは有用な菌を意図的に取り入れてより健全な状態にする活動の事をいいますが、この場合はお肌の『美肌菌』の増殖が見込めるという意味になります。

美肌菌──表皮ブドウ球菌はお肌の皮脂などをグリセリンに変えてくるので、きれいで健康的な肌にはもれなくこの表皮ブドウ球菌が多くいるのです。

そんな効果も見込めるとか、本当にすごくありませんか?

私は、よくもまあここまで詰め込んだものだと感心してしまいました。

乾燥してきてお肌の悩みも深刻になってくるこの季節、このリキッドセラムプラスを使ってみてはいかがでしょうか?

巷では、非常に高評価なようです。

リキッドセラムプラス 店舗 最安値

エトワールボーテ新発売!

株式会社バッカスから発売されたオールインワンジェルです。

非常に復元力の高い形状記憶ジェルでもあり、つけるとお肌にパンとしたハリをもたらします。

エトワールボーテはオールインワンアイテムなので、『化粧水・美容液・乳液・クリーム・パック』と多機能なので、使用する目的としては『様々なお肌の問題に大きく対応する』目的で使うのが最も適切なアイテムという印象があります。

美白効果も持たせられるような成分を配合していて、本当に幅広いスキンケアに対応しているのが最大の特徴のように見受けられますね。

というと、特化していないから個々の問題に対しては弱いのでは……なんて思うかもしれませんが、昨今注目されている『お肌のラメラ構造』や『肌の常在菌バランス』なども考慮された設計となっており、決して適当に美容成分をどかどかとつめ込んだ印象はありません。

先ほど申し上げたお肌のラメラ構造に関しても、そんなお肌により浸透させる工夫として美容成分を三相球状のラメラ構造でカプセル化するなどの工夫がされていて、しっかりとした設計コンセプトが見受けられますし、肌の常在菌バランス──いわゆる菌活の要素も取り込んだ設計は、身を引くものがあります。

実際に口コミなどを調べてみると、やはりもっちりとしたお肌になるという情報が多く見られ、設計の効果が出ているなと感じます。

なにより、このエトワールボーテは30~40歳ぐらいの、ちょうど年齢サインが出始める……でも、もっとも忙しい時期の女性に最適なオールインワン設計なのがおすすめポイントが高いなと思います。

あれこれやりたいけれど時間が……とか、子供の世話で自分の事なんか二の次だわよ……といった人たちに、とても役立つスキンケアアイテムなのは間違いないでしょう。

本日は、そんな新発売されたオールインワンジェル──エトワールボーテについてご紹介してみました。

忙しい貴女のスキンケアに取り込んでみてはいかがでしょうか。

エトワールボーテ 最安値

スキンケアにも菌活ブーム?

『~活』という言葉が世の中に氾濫するようになって10年くらいは経つ。

就職活動など……いろいろな活動を表すこと言葉が短く縮められて『~活』と言われるようになってきた。

そして、これはコスメの世界においても例外ではない。

『菌活』という言葉をご存じだろうか。

菌活とは、本来カラダに良い菌を積極に摂取して腸内環境を良くしていこうという活動の事である。

しかし、スキンケアにおいても『菌活』という言葉は使われる。

スキンケアにおける菌活とは、『本来持っている肌の常在菌のなかの善玉菌を増やし肌の自活力をあげる』ことを言う。

最近では、こういった『菌活』を取り入れた菌活化粧水なるスキンケア用品もたくさん開発されている。

そして注目したいのは、メーカーからも菌活化粧水と銘打ってたくさんの製品がリリースされているが、スキンケアのメーカーとは言い難いところからもこの菌活化粧水が発売されていることだ。

たとえば、神戸養蜂場というはちみつ専門の会社がアピナチューレWリッチローションというものを発売している。

アピナチューレWリッチローション 菌活

アピナチューレWリッチローションには確かにマヌカハニーという非常に希少なニュージーランド産のはちみつも使われている。

しかし、アピナチューレWリッチローションの本質は『菌活』により肌の常在善玉菌である表皮ブドウ球菌の活動を活発にすることにある。

具体的には、常在悪玉菌をアピナチューレWリッチローションに配合されているビフィズス菌でph調整をして活動抑制することにより、表皮ブドウ球菌の活動を促すというものだ。

したがって、美肌効果があるマヌカハニーといえども、マヌカハニー自体は商品価値をあげるための要素の一つに過ぎない。

つまり、本来ははちみつの専門家が乗り出すような商品ではないはずだというのが個人的な見解だ。

それでも、現実にアピナチューレWリッチローションは神戸養蜂場からリリースされている。

これは、それだけ水面下で密かな『菌活』ブームが起こっている証左ではなかろうか。