[小児歯科.com]口は全身のバロメーター!ダイナミック成長する子どもの健康大辞典!

口は全身のバロメータとして、よく知られています。医科でも、風邪を引いたら口の中を診増す。口は全身の状態を確認するのに非常に重要なバロメーターの1つです。しかし書籍にもあるように”医者は口を見ない、歯医者は口しか見ない 医科歯科連携で医療は大きく変わる”と言う単行本がアマゾンからも販売されています。
あれ?風邪の時に口を内科で見せたよ!って思う人はかなりいると思います。実は口を診ているのではなく、喉を見ています。扁桃腺が腫れていないのか?発赤はないか?とかを診ています。決して口の中の上顎の形態や舌の位置関係などは診ません。口の中と言うと歯科の分野になりますが、歯科医師は口の中しか見ません。
それは当たり前だろ!と思うかもしれません。実は体は1つで、お互いにお互いの関係に影響し合っている事がわかってきてます。口だけ外せませんよね?
とあるアレルギー科の先生は上顎の形態と足の指の状態を見れば、その子のアレルギーの抵抗状態がわかると言う先生もいます。
実は舌の癖や口呼吸によって、健康を害してしまう事はよく知られています。そのため、医科と歯科は日本では全く別の分野と捉えてしまいがちな業種ですが、実は斬ってもきれない関係にあります。
そのため医科歯科連携は重要な働きがあります。そして厚生労働省も、医科と歯科で情報提供に関する保険点数が数年前から算定が可能となりました。
先ほど、アレルギーや上顎の形態に関して前書きしましたが、顎の成長で無視できないのは、子どもの成長です。子どもはダイナミックにな成長をするため、成長段階でトラブルを起こし、スレた状態生活をしているとスレた状態で成長してしまいます。環境に適応しようとしたある種の進化ですが、嬉しくないですね!
そのため子どもの口を見守る専門家として、小児歯科専門医の存在は重要な役割をします。
小児歯科線専門医は全国10万人以上いる歯科医師の1%の歯科医師しかいない、子どものお口を診るためのスペシャリストと言えます。
小児歯科専門医は厚生労働省の認可を受けた資格です。小児歯科専門医は歯だけを見るのでなく、軟組織(歯肉や舌など)・咬み合わせ・顎関節など顎顔面口腔全体の良好な機能と形態の維持増進につながる高度な小児歯科に関する専門的知識並びに治療技術を有する歯科医師です。
特に全身との関わりまで考えた治療が必要とされています。小児歯科.comはそんな小児歯科専門医(2020年度現在)が運営しているブログです。子どもたちを取り巻く環境や、口から見た全身の状態。赤ちゃんの成長発育と口の発達に関して記載されたまさに健康大辞典の意味合いを持つサイトです。

産後ダイエットの体験談

私は妊娠中8キロ増え、出産後は妊娠前よりプラス3キロ、産後一年で妊娠時の体重に戻りました。

赤ちゃんが3800g強で生まれ、妊娠中8キロ程度の増だったので、多分そんなに体重が増えなかった方なんだと思います。

初乳は与えられたものの、乳首の吸い付きがうまくいかず、すぐミルクに切り替えました。

母乳だと、幾ら食べても太らない、と聞いていましたが、自分はそうではないという事を常に自覚するようにしていました。

「母乳じゃないから食べたら全部自分の肉になる!」と言い聞かせました。

体重が戻った大きな要因としては、骨盤矯正ベルトの「トコちゃんベルト」を産前産後に使い続けていた事も良かったのだと思います。

うちの産婦人科の助産師さんたちに口すっぱく言われたのは、出産で骨盤が開くと太りやすくなるし、それを戻すには大変だから、とにかく予防の為に骨盤ベルトを付けなさいということで、付け方もレクチャーしてくれました。

出産直後も分娩台で、骨盤を締める為に長くて薄いタオルのような布で骨盤を締めて結んでくれました。

自分の母親が一人産むごとに5キロ増えていったと聞いていたので、そうならないようにしたいと思い、面倒だったり、夏は暑かったけれど、ベルトを付け続けました。

ベルトをつける事で自分の腰回りの肉付きも意識できたので、視覚的な面でも役に立ちました。

一年かけて少しずつ少しずつ元に戻りました。

最初の半年で特に減った気がします。

ベルト以外は特に何をしたという事はなかったです。

子供が離乳食になった時に、料理が面倒で、自分の食事は一緒に似たようなものを食べて済ませていたのも、結果的にダイエットに良かったと思います。

産後のダイエットは、産前からの積み重ねだと思います。

当然ですが、妊娠中に太りすぎない事も大事かもしれません。

私の場合はこんな感じでダイエットに成功しました。

産後ダイエット 成功では様々な体験談も載っています。

なかなか痩せない人や初産の人は参考にしてみてください。

 

40・50代からキレイを目指すには・・・

街を歩いてると、若くて綺麗な女性にも遭遇するのですが、
最近だと年齢を感じさせない落ち着いた綺麗な女性に遭遇します。

40や50才以上なんですが、落ち着いた綺麗さ。

派手目な服装ではないのですが、オシャレ感もある。

化粧も濃くはないのですが、キレイに化粧をしている感じ。

オーラとしても、うるさいおばちゃんみたいな雰囲気は感じません。

そんな感じの綺麗なおばさんを見るようになりました。

 

例えば、自分が子供の頃を思い出すと全然見かけなかったような気がします。

親の知り合いとかを見ても、キレイというよりは、優しい・明るい・・・とか内面的なものばかり。

外見は全く身に覚えがありませんでした。

自分の環境もありますが、女性の美意識が高くて以前よりお手入れをしている女性が多いのだと思います。

 

今は簡単に化粧水や健康食品もすぐ買えます。

情報も入ってくるので、こういった食品が美容に良いとかも理解している人が多いです。

 

熟女ブームという言葉もありましたが、綺麗な年配な女性も明らかに増えていると思うんですよね。

芸能人を見ても、「え?50代!??」と驚く人が多数。

50代の芸能人を調べてみてください。キレイですから。

美魔女と言われる方がテレビにも出てた事がありましたよね。

娘と姉妹のような・・・とても親子に見えないのです。

こんな女性になりたいのです。

落ち着いた雰囲気の女性になりたいなーと憧れてしまいます。

 

では、綺麗な40代や50代の女性たちは何をしているのでしょうか?

全くお手入れをしない人もたまにはいますが、殆どが自ら気をつけているのです。

そして、している事を取り入れると一歩近づくはずです。

 

まずは、自分の体の状態を知りましょう。

私が最初に考えたのは体のチェックです。

例えば、水分が足りなければ・・・代謝が下がります。

若い頃より年々代謝は下がるものですが、自らその代謝を下げては良くないことばかり。

冷え性、肌荒れ、体重の増加、老廃物の増加・・・等、色んな症状が出ます。

是非、自分の体の状態を知って自分に適したお手入れをしてくださいね。

するかしないかで、変わるのです。

綺麗なおばさんになる為の方法を色々まとめてるのでチェックしてください。

年齢を重ねていくと、シミ・小ジワも気になりますよね。

若い子の美容ではなく、年齢にあった美容を実践して、美魔女を目指してがんばりましょう。

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !